BOOWYセッティング完成【暫定】

先日のブログに記したPEC-2の交換に昨日行ってきました。
帰宅後、早速動作チェック。問題なしです。

改めて、ボード内にエフェクトをセッティング
ベーシック部分と拡張部分のセッティングを行い
大まかなセッティングが終了しました。

f0017963_1553798.jpg

全景


f0017963_15591557.jpg

ボードと
2Uラック


【ベーシック部分】
 エフェクトボード内のコンパクトエフェクターを
 PEC-2でプログラミングして使用
 〜 使用コンパクトエフェクター 〜
  1、MXR DynaComp(コンプレッサー)
  2、Proco RAT(ディストーション)
  3、TubeWorks TUBEDRIVER(オーバードライブ)
  4、Boss DM-2(アナログディレイ)

これらのコンパクトを以下のようにプログラミング
  1、DynaComp + DM-2(クリーンセッティング)
  2、TUBEDRIVER + DM-2(バッキング用歪み)
  3、RAT + TUBEDRIVER +DM-2(ソロプレイ用歪み)

DM-2は効果音用なのでON/OFFは個別に行います。

基本の歪みはTUBEDRIVREで作りますが比較的抑えめな歪みの量です。
目盛り的には「2」くらいでしょうか。
ソロプレイ用の3番のプログラムでは色づけと若干の歪みを足すために
RATをブースター的に使用しあまり歪みのキャラクターを変えずに
ブーストしています。

【拡張部分】
2Uラックに「Roland SDE-2500」をセット
PEC-2の6番のループにルーティングし
数種類のディレイタイムをプリセットし
f0017963_1623358.jpg

MIDIフットコントローラー
FC-50


でプログラムを変更

といったシステムです。
他のバンドもやっているので
ベーシック部分は使い回しが利くセッティングに
なっています。
あくまで【暫定】なのは色付け部分のピッチシフターやハーモナイザー
コーラスがないので暫定なのですが
これらは手持ちの「ZOOM 9030」で代用しようかと考えてます。

でも、これだけでも結構いい感じになりましよ。
ドンズバ機材ではないのでどれだけ雰囲気やニュアンスを
近づけられるかという感じでセッティングしましたが
今のところ合格点です。

うぅ、ライブした〜い。
[PR]